美容のためではない「介護脱毛」のメリットとデメリットについて

脱毛というと若い女性がするものというイメージがあるかもしれませんが、最近はそれ以外の理由で、特に40〜50代の女性がアンダーヘアを処理するケースが増えています。

アラフォー・アラフィフだって、まだまだ見た目にこだわりたいなどということではなく、もっと切実な理由があるのです。

 

それは、将来自分が介護されるかもしれないという問題。

自分が介護される際に、その負担を軽減するために早いうちに脱毛してしまうのです。

 

数年前から「介護脱毛」と呼ばれ、ニュースなどでも取り上げられることが増えております。

今回は介護脱毛について、詳しく取り上げます。

 

美容のためではない「介護脱毛」をする理由やメリット

「介護脱毛」は、将来、自分が介護される立場になることを想定し、事前にアンダーヘアやワキ毛を永久脱毛しておくことを言います。

脱毛するのは衛生上の理由になります。

毛があると、ムレたり臭ったり不潔になりやすいというのが大きいのです。

歳をとると、どうしても免疫力が下がり、肌もかぶれやすくなり、回復も遅くなります、

特に、陰部やその周りの皮膚でかゆみやかぶれ、ただれなどが起きてしまうと長期間不快な状況が続いたり、そこから細菌などが入り体調を崩す可能性もあります。

介護される時にアンダーヘアが長いままですと、以下のようなトラブルの原因となる可能性があります。

 

またもう1つ、介護する側の負担も大きくなるという問題もあります。

1番負担になるのは排泄の問題です。

自力でトイレに行けないと、オムツを着用することになりますが、排泄物が陰毛にこびりついてしまいます。

取り替える際などに介護する側が拭き取りはしますが、きれいに拭き取ることが難しいのです。

キレイにしようと何度も強く拭き取ると肌を痛め、皮膚が赤くただれたり、かゆみや痛みが出てしまいます。

また、介護者の身体を支えながらの作業で体力的な負担も大き痛め、丹念に拭き取るのも困難なのです。

 

以上のようなトラブルを少しでもさけ、介護する側、される側に負担が少なくするよう、アンダーヘアを脱毛しておくことで簡単に対応できるのです。

このことが徐々に知られるようになり、体が動くうちにと早めにアンダーヘアーを永久脱毛する女性が増えてきているのです。

 

介護脱毛で処理する部位、隠毛は全て処理するのか?

介護脱毛は衛生的な観点から行うため、処理するのは陰部が中心になります。

いわゆるVIOと言われる箇所です。

VIOとは、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両側)、Oライン(肛門周辺)のアンダーヘアのことを指します。

 

衛生上の観点からすると、陰部全ての毛を処理し無毛にすることが多いです。

(ちなみに無毛状態のことをハイジニーナと呼ぶこともあります。)

しかし、いわゆる毛がなくツルツルのなのは恥ずかしいという場合は、ある程度残して処理することも可能です。

 

なお、介護脱毛ではアンダーヘアの処理がメインですが、ワキも一緒に処理する方もいるようです。

 

介護脱毛をする際に注意点やデメリットについて

次に、実際に介護脱毛をする時に注意しておきたいことなど、事前に知っておきたいことについて。

介護脱毛は将来のための脱毛ですので、永久脱毛で処理をします。

日本では永久脱毛は医療行為になりますので、医療脱毛を行うサロンやクリニックでしかできません。

しかし、医療脱毛を行うにあたりデメリットもあります。

医療用レーザーを使うので痛い

医療脱毛で使うレーザーは、もう生えてこないように処理するため、どうしても痛みが出てしまいます。

そのためクリニックでは、麻酔をかけて処理することが多いです。

使う麻酔の種類としては、笑気麻酔と麻酔クリームの2種類があります。

医療脱毛を行うクリニックやサロンには医師が常駐しており、適切に処置しますので、安心感はあるでしょう。

 

白髪になると脱毛できないことがある

医療脱毛で使用する脱毛機はすべて毛のメラニン(黒の色素細胞)に反応して脱毛するしくみになっております。

そのため、白髪になってしまった毛は、レーザーを照射しても効果を得ることができません。

そのため、アンダーヘアが黒い40~50代のうちに施術を受けておかなければ間に合わない場合があります。

60代でも受けられないわけではありませんが、先ほども触れた通り痛みを伴うため、身体的負担が大きくなります。

体力的な面や陰部周りの肌の状態を考慮すると、やはり50代までには脱毛しておきたいところです。

万が一、白髪になった場合も「ニードル脱毛」という方法で処理をすることは可能ですが、時間がかかりお値段も高額になり積極的に実施しているクリニックは少ないようです。

ニードル脱毛とは?
毛穴に針を差し込み、電流を流して毛根を破壊させる脱毛方法、針脱毛や電気脱毛とも言われます。かなり痛い!

 

一度脱毛したら元に戻らない

これは永久脱毛ゆえの悩みどころです。

一度全て処理したはいいものの、やはり無毛なのは恥ずかしい。

でも、毛根がありませんから戻すことはできません。

ですので、実際に介護脱毛を受ける時に、どのようにするのかを慎重に決めなければいけません。

ただ、最近は介護脱毛のことも広まりつつあり、50代でもハイジニーナ(無毛)にするケースも増えているそうです。

 

まとめ:介護脱毛を行うならばどうすれば良いか

以上、介護脱毛についての現状などについて取り上げました。

今の日本の年代構成を考えれば、今後高齢者が増えるのは明らかで、介護される人も増えることでしょう。

出来るだけ長く健康に過ごせれば、それに越したことはありませんが、自分の身にいつ何がおきてもおかしくありません。

また、介護を受けないとしても、年を取ってから自分でトイレの後処理をする時にアンダーヘアーが邪魔でキレイに拭き取れないことも出てくるかもしれません。

そういうことを考えると、今後は「介護脱毛」は女性を中心に広がるでしょう。

 

現在では、医療脱毛を行っているクリニックも増えてきました。

全国展開しているところだと「レジーナクリニック」や「リゼクリニック」が知られております。

首都圏が中心になりますが「アリシアクリニック」も人気があります。

 

全身脱毛がメインですが、VIOのみの施術メニューもありますので、無料カウンセリング等で相談することをオススメします。

 

「レジーナクリニック」の無料カウンセリングはこちら

 

脱毛というと、若い女性が行うというイメージでしたが、今では年代問わずに各々の事情で行うケースが増えてきました。

今後のことを考えるにあたり、選択肢の1つとして考えておいても良いですね。

 

タイトルとURLをコピーしました