隠毛を全部脱毛するのをなぜハイジニーナというようになったのだろう?

最近になって特にアンダーヘアーの脱毛がここまでブームになっているとは、以前に比べて恥ずかしさや抵抗感も減ってきたのでしょうか?

欧米では昔からアンダーヘアーの処理は普通に行われていましたが、日本ではそこまで進んでいませんでした。

それどころか、男女問わずアンダーヘアーがないと恥ずかしいと思われていたぐらいです。

さすがに今でも全部処理してツルツルの無毛にするケースは少数です。

必要なだけ残して処理する「VIO脱毛」が主流です。

 

そういえば、VIOなんて言葉が使われるようになったのも、つい最近のことです。

こういう新しい言葉が出てくるようになったことからも、日本でもムダ毛処理が当たり前になりつつあるようです。

 

これだけ話題になると、ちょっと興味を持って色々調べたりしませんか?

(さすがに人に直接聞くのはまだ恥ずかしいかもしれません)

特に調べようと思わなくても、脱毛関係の広告や宣伝も増えておりますので、知らないうちにそういう言葉を聞くようになっているかもしれません。

 

そんな中、最近「ハイジニーナ」という言葉も聞かれるようになりつつあります。

最初はブラジリアンワックスとか光脱毛など、脱毛方法の1つかと思っていました。

でも、実はそうではないと知ったときは、すごい衝撃的でした!

 

そもそも「ハイジニーナ」って何?

で、「ハイジニーナ」って一体なんのことなのか?

 

答えを言うとアンダーヘアー(VIO)が「無毛」状態のことです。

正確には、陰毛および陰部のまわりの毛をすべて永久脱毛した状態のことを指します。

人によっては「パイパン」ということもあります。

パイパンは、もともと麻雀の三元牌である「ハク」の正式名称「白牌(パイパン)」のことを指します。見た通り、真っ白でツルツルな麻雀牌です。つまり、特に女性の陰部がツルツルであるのが白牌のようであることから、いつしか隠語でそのように呼ばれるようになったのです。

 

さすがに脱毛クリニックや脱毛サロンで「パイパン」などと言うことはないですが。

 

その代わりというわけではないのですが、アンダーヘアーを全て処理することを「ハイジニーナ」というのですね。

これなら卑猥な印象もなく、むしろ可愛くておしゃれな感じなので口にしても恥ずかしくないですね。

 

「ハイジニーナ」の語源や意味は?

アンダーヘアー(陰毛)が全くない脱毛をすることを「ハイジニーナ」をいうことはわかりました。

でも、そもそもハイジニーナって、元々の語源や意味はどんなものなのか気になります。

調べてみたところ、次のようなことがわかりました。

ハイジニーナは、衛生、衛生学を意味する英語”hygiene(ハイジーン)”から作った造語と言われております。

(つまり日本でしか通用しない言葉)

この言葉を作ったのは苫米地英人氏。

とあるエステ会社のコンサルティングをしたことがきっかけで作ったそうそうです。

しかも商標登録もしているらしいです。

引用文献:「テレビは見てはいけない (PHP新書)

 

まさか、脱毛とはあまり関連性が見えない苫米地氏が考えた造語だったとは驚きですね・・・。

本人の著書で語っていることで、信ぴょう性は何とも言えませんが、今では当たり前のように言われているので、まあそのようなものなのでしょうね。

 

アンダーヘアーを全て処理することを「ハイジニーナ」というようになったのはいつ頃?

もし「ハイジニーナ」という言葉を編み出したのが苫米地氏だという説が正しいとしましょう。

では、いつ頃から「ハイジニーナ」という言葉が使われるようになったのでしょうか?

先ほどのハイジニーナのことについて書いている著書が発売されたのが2009年です。

ということは、少なくとも2009年より前からあるということです。

 

著書内では、この言葉が浸透するのは2年後(2011年)頃だろうと予測していました。

ただ、まだその時期には一般に浸透していないように思われます。

(多分、サロンの関係者で使われる内輪の用語だったのではないかと)

おそらく、普通に使われるようになったのはここ2~3年ぐらいではないでしょうか。

ということは、2015年前後から使わるようになったと考えられます。

 

ともかく「ハイジニーナ」という言葉が定着するようになり、脱毛に関してもハードルが低くなった気がします。

今では男女問わず「ハイジニーナ」脱毛をしている人が増えていると言われております。

見た目がすっきりしているというだけではなく、衛生的な観点からも脱毛しているケースもあります。

 

特に最近では、老年に差し掛かり介護を受けることを考えている40代以降の世代が脱毛するためにサロンに通っているそうです。

介護を受ける際、排泄の処理も自分では行えないのでサポートしてもらう必要があります。

その時に陰毛があると、蒸れたり汚物などの付着などで不衛生であるからです。

そのため、なるべく迷惑をかけないよう処理しようと検討している人が増えているというのもニュースになったぐらいです。

見た目やおしゃれのためではなく、将来的なことを考えて40代50代で、VIO脱毛やハイジニーナをしてもらうのも普通になっております。

 

【関連記事】

 

おそらく今後、脱毛のクリニックやサロンはさらに注目されるようになることでしょう。

近い将来、身だしなみとしてムダ毛をしっかりと処理することが常識になるかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました