スポーツジムなどでトレーニングする時は、どんな服装が良いのか

健康やダイエットのため、スポーツジムに通ったり、ランニングを始めてみようと考えると、気になることや心配なことがあるでしょう。

その内の1つとして、どんな服装(スポーツウェア)を着てトレーンングをすれば良いのか?

これって結構悩むことありませんか?

 

最近のスポーツウェアはデザインやカラーも多彩、中にはちょっと露出が多かったり体型が目立ってしまうものもあります。

それはちょっと恥ずかしいので、最初のうちは無難な格好のものを選びたいところです。

かといって、あまりにもダサいのもイヤですよね。

 

そこで、今回は運動をする時にどんな服装(トレーニングウェア)を選べば良いのか?

特に30〜40代に向けて紹介します。

著者自身が実際にスポーツジムに通っており、周りを見て感じたことも踏まえて取り上げます。

 

スポーツジムで着ている服装の全体的なコーディネート

まずはスポーツジムで着ている全体的なコーディネートについてです。

実際にスポーツジムではこんな感じです。

  • ウェアはスポーツメーカーのものが多い
  • 年代によって着ている服の差はほとんどない
  • 上半身は男女共にTシャツが多い
  • 女性はノースリーブも結構多め
  • 下半身は男女共に短パン・ハーフパンツが多い
  • ランニングタイツを着用している人も男女問わず結構いる
  • 女性は普通の長ズボンタイプを履いていたり、ランニングタイツのみのと様々
  • 服の色は全体的に黒が多い印象
  • 女性はピンクなど明るい色も多い(年代に関わらず)

 

ざっくりと並べました。

 

感覚的に、見た目がダサくならないようにするならば、上半身か下半身のどちらかは黒のウェアを着用するのが良いでしょう。

どちらかが黒になることで、見た目がスマートに見えるからです。

オススメは下半身です、これならば上半身が派手な色やデザインでもダサく見えません。

 

上半身はスポーツメーカーの半袖Tシャツが快適

続いて、各部分のウェアを選ぶ際のポイントについて。

まず、上半身は基本的には半袖のTシャツでOKです。

ただし、普段着で着るような綿100%のものは避けたほうが良いです。

 

運動をするといつも以上に汗をかきます。

汗で次第にシャツが重くなり、なかなか蒸発もしないため肌にベタベタくっついてしまいます。

これでは不快感が増してしまいます。

やはり、スポーツ専用のTシャツを着るのがオススメです!

これなら、たとえ汗を大量にかいてもベタつきもあまりありません。

速乾性にも優れておりますので、着用感が全然変わります。

 

基本的には有名スポーツメーカーのものを選べば大丈夫です。

ナイキやアディダス、アシックスといったブランドでも良いですし、最近はユニクロなどファストファッションメーカーの製品も機能性が高いです。

あとはお好みで、好きなデザインや色のものを選ぶと良いでしょう。

 

下は短パン・ハーフパンツをベースに、スポーツタイツ着用がオススメ

次に下に履くものですが、動きやすさを重視するのであれば、やはり短パン・ハーフパンツを選ぶのが良いです。

もちろん、長ズボンのジャージやスウェットパンツでも構いません。

ただジョギングやランニングをするとき、裾が邪魔になる可能性もありますので注意してください。

 

また、最近見かけるのは下にスポーツ用のタイツ(スパッツ・レギンス)を履いているケース。

よくマラソンランナーが履いているのを見かけますね。

これは決してカッコつけではなく、ちゃんとした理由があり、

  • 足の筋肉の締め付け・テーピング効果
  • 吸汗効果

 

私の場合ですが、とても汗っかきで、スポーツタイツが結構汗を吸い取ってくれるので助かっています。

 

締め付け・テーピング効果

スポーツ用のタイツ・スパッツは締め付けが強めに作られております。

着用することで太もも・ふくらはぎが常時、加圧される状態になり、運動後の疲労を軽減する効果があります。

そして、製品によってはヒザを保護するような縫製がしてあるので、膝の炒めるのを緩和してくれる働きもあります。

不安があれば検討しても良いでしょう。

 

吸汗効果

これは個人的な事例ですが、トレーニングをしていると意外と下半身にも汗をかきます。

特にハーフパンツなどからの汗で床に垂れてしまうことがあり、気になってしまいます。

しかし、タイツを履くことで汗を吸い取るので、汗だれを防いでくれます。

汗をかきやすいならば、一度履いてみることをオススメします。

男性でも年代に関わらず結構履いている人が多いです。

男性の場合、スネ毛の生足を晒すのを隠せるという効果も(笑)

 

 

シューズは足元を守る重要な役割!最初はクッション性の高いシューズを

そして忘れてはならないにはシューズです。

もし1つだけお金をかけるのであれば、間違いなくこれです。

 

基本的にスポーツ用であれば、どのメーカーのものを選んでも良いでしょう。

ただし、運動をすると予想以上に足に負担がかかりますので、クッション性の高いものを選ぶようにしてください。

フィットネス用、あるいはランニング用のものを選べば間違いありません。

あとはお好みで好きなメーカー、デザインのものを履けば良いと思います。

 

まとめ

以上、運動・トレーニング時のオススメウェアについて説明しました。

最初でも触れた通り、年齢にかかわらず格好にさほど差はありません。

ですので、30代40代、さらには50代でも、トレーニングウェアは冒険しても大丈夫です。

 

基本的には、普通にスポーツ用のものを選べば大丈夫です。

しかし、中には明らかにスポーツ用でない派手なTシャツなどを着て悪目立ちするケースもありますので注意しましょう。

 

もし心配であれば。一度スポーツジムなどを見学して、どんな格好をしているかチェックしてみると良いでしょう。

どの施設でも、見学だけならは無料で行なっているところがほとんどです。

(逆に、実際のトレーニング体験は有料のなることが多いです)

興味があれば、一度足を運んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました